【麻炭陶器】は

 

宮古島コズミックヘンプの酵素活性麻炭パウダー
(高波動のオーガニックの*麻幹(おがら)の炭
&EM-スペシャル

を原料にした釉薬を施し、
ひとつひとつ丁寧に全て手作り手作業で作っている
Tomoko Uemura Art オリジナル陶器です
 
2014年2月22日麻炭釉薬の調合に成功し【麻炭陶器】がこの世に誕生しました!!
きっと世界初!???

 

Tomoko Uemura Artの【麻炭陶器】は麻炭の釉薬だけに留まらず
古代幾何学模様や宇宙のリズム16ビートを奏でる柄を器に施し、
それらを楽しめる陶器になっています。

 
 

* * * * *

 
 
↓下には
【麻炭との出会い】
【麻炭釉薬誕生!】
【16サークルと神聖幾何学】
のコラムを綴っています。
 

麻炭陶器についてのコラム

↓下の四角枠をクリックしてね!

 
16サークルの中で不思議な体験

『なぜ麻炭を使って陶器を焼こうと思ったの?』のエピソード

2013年の秋、
友達から麻炭を紹介されて早速大阪で開催された麻炭お話会に参加。
会場では、伊香賀さんが麻炭をあやゆる角度から詳しく説明してくれて麻炭を活用する事によりに更に良い時代になる可能性が広がるワクワクするお話をしてくれていました。

その会場には麻炭を感じる人には体感出来るという
麻炭と水と塩を入れたボトルを円に沿って等間隔に16個と真ん中に1個が設置されていて、その中に恐る恐る入ってみると〜〜!!!な・な・なんと!身体が浮いて行くのを体感!腕が勝手に上がってく!!


『なにこれ〜〜〜〜!!!』


上にエネルギーが回転しながらフワ〜〜〜っと上がっていく空中浮遊?に近い感覚。。。
その現象に衝撃を受けた私。。。
初めて麻炭による16サークルを体感してのでありました。

その感動冷めやらぬ内
麻炭を作っている伊香賀夫妻から
『麻炭と陶器のコラボ作品作ったら凄く良いモノが出来ると思う!是非作って〜〜〜♡』
と言って頂いたのと同時に
『私の陶器とコラボの何かを作らせて〜♪』
とお願いしたのが最初のきっかけとなりました。

 
 
コズミックヘンプのサイトはこちら


  


 
麻炭の釉薬は世界初???!!!

麻炭釉薬へのチャレンジ

家へ戻ると、早速どうしたらあの麻炭と自分の陶器とがコラボ出来るんだろう???
粘土に麻炭を混ぜて焼いてもみたけれど、
『う〜〜〜ん。。。これじゃ、あの時体験したインパクトまで到達しない』
そこからもあれこれ考え実験してみて
『あ!釉薬!!!作れるかも!?!』
(※釉薬とは…陶器や磁器の表面に施されているガラス質のもので主に木の灰や、藁の灰、土の灰、ガラスの材料となる石の粉、鉱物等を微妙な配合でお薬のように調合して作られているモノ)

自分のレシピで作っている釉薬の原材料を麻炭に変えたら出来るかも???って閃き、実験を重ね
あれよあれよと言う間に 美しい釉薬が完成!!!
この世に《きっと世界初の【麻炭釉薬】》が誕生した瞬間なのです

(世界でも麻を炭にしてるのは類をみないらしく、それまで釉薬にチャレンジし成功した方がいらっしゃらないとのことなので
《きっと…世界初?!?》
と謳わせていただいています(´∀`=)ノ  
ま、とりあえず【きっと】ってことで〜♪)


あの空中浮遊のインパクトがなかったらここまで研究して作ってなかったと思う。
コズミックヘンプ麻炭はEM-スペシャルという有用微生物群で生きているEM菌酵素が大量に噴霧されていて麻炭自体が生きている。

その麻炭ちゃんと私の相性も良かったのかなぁ〜って思っています

そして必ずあの感動の16サークルを作品に入れたくて。器の中に入ったモノがきっと私と同じ感覚になるだろう。 あの上にエネルギーが回転してフワ〜〜〜っと上がっていくあの感じになっているであろう。

その体感を言葉にまとめたコラムは次の【16サークルと神聖幾何学】です



 
麻炭陶器と16サークルと神聖幾何学とのコラボ

ここでは16サークルと神聖幾何学の意味などの説明をています

 
16サークルは麻炭のお話会で体験する前に、
千賀一生さんの【ガイアの法則Ⅰ&Ⅱ】という本を読んでいてこの本でも《16》 がキーワードとなっている。

この本は古代シュメール文明からメッセージを受けた作者が、円や球体や時空間を16分割したところに興味深い現象が起こっていることをどんどん検証して紐解いていってる本でとても面白くそれにもとても影響されいた時だった

また、人体の生態リズムと地球のリズム、文明のリズムや、宇宙のあらゆるリズムはスピンによって引き起こされ、リズムも16という数字がとても重要になっているとあらゆる角度から紐解いている。

私がモチーフにしている【ガーベラ16紋・32紋】は日本だけでなく、世界各地で古代から色んな花をモチーフに大切にされている紋様で、古代シュメール時代の王家の紋章の石版にも残されている。古代イスラムや古代ユダヤのエルサレムの神殿にも。※シュメールと日本のつながりは色濃いと言われています。

 
    


16紋の紋章も古代神聖幾何学の一つですが、他にモチーフにしている【フラワーofライフ】とがある。

【フラワーofライフの意味】は
《あらゆる古代文明にも、人間や、動植物の中や、DNAや、細胞組織の中にも見られるパターンの形。宇宙全体の調和と創造のエネルギーそのものを表し、高次元の意識との繋がりを深め、ヒーリング効果もある》
と言われていて
この形は私たち生命体の中に潜んでいて私達の身体の中にも深く刻まれてるものなので、見る人を魅了すると言われています。
紋様として描くと二次元の表現になるけど、本当は3Dの球体で形取られているものなのです。

ダヴィンチ手描きのフラワーオブライフ

 
 
 

キプロスの紀元前7〜8世紀のカップ

 


古代から大切にされている形そのものに宇宙の法則が内在し
今の時代だからこそ、一般の私たちが
こういう図形を生活の中にどんどん取り入れて、

私たち人間が本来あるべき姿、生き方、生態リズムを整え
スムーズに様々なものと調和しながら
よりよく生きられるように

そのような意図を持って
麻炭と16サークルと神聖幾何学模様とのコラボをしています。

最後に
千賀さんの本から抜粋
「16放射線状の【聖なるリズム】のシンボルは、この統合と宇宙の創造の力を同時に表している。聖なるシンボルの中央にはもう一つの円があるが、この中央こそ、すべてが一つの叡智の世界を意味するのだ。スピン原理でもあるこの聖なる中心から全ての創造リズムが始まる。我々はその姿をこのシンボルに見るのだ」 

ガーベラ32スピンコースター
ヒマラヤン/ゴールド